まとめ&速報記事

魔法石を大量に溜める方法

課金せずに魔法石を大量に集める秘密
属性別モンスター一覧&リーダーランキング
火属性 水属性 木属性
光属性 闇属性
現在開催中のイベント

開催期間:11月21(月)〜12月4日(日)
FFコラボガチャの当たりキャラや評価一覧を紹介


開催期間:11月21(月)〜12月4日(日)
グラウカのテンプレや評価と買うべきかの紹介


開催期間:11月28(月)〜12月4日(日)
FFコラボ杯の高得点取得の立ち回りとボーダー紹介

【パズドラ】究極ミニばるきりーの評価とサブとしての使い道

 

本家ヴァルキリーを完全に越した…

2015年8月12日に、ミニばるきりーに究極進化が追加されました!

ミニシリーズの中では大人気だったミニばるきりーですが、究極進化によりさらなる活躍が期待されます。

ということで、

この記事では、究極ミニばるきりーの

  • 使い道やテンプレパーティー
  • リーダーやサブとしての評価

上記を考えていこうと思います。

スポンサーリンク

神命姫神・ミニばるきりーのステータス

パズドラ ミニばるきりー
回復タイプ
神タイプ
HP 攻撃力 回復力
レベル最大 2,308 1,489 656
+99 3,298 1,984 953
スキル

攻撃態勢・光:11(最短5)
回復ドロップを光ドロップに変化させる

リーダースキル

いのせんとぶれいぶ
回復と神タイプの攻撃力が3倍。

覚醒スキル
2体攻撃
2体攻撃
2体攻撃
スキルブースト
封印耐性

 

光ヴァルキリーとの違い

 

究極ミニばるきりーと、本家の光ヴァルキリーを比べてみると・・・

究極ミニばるきりーの圧勝

なんといっても、覚醒スキルが究極ミニばるきりーの方が優秀過ぎます。

ミニばるきりーが究極進化することで、本家の究極ヴァルキリーぶっちぎりで越してしまいました。

 

スキル上げ素材

 

究極ミニばるきりーは、主に女神降臨で入手することができる「ワルキューレ」でスキル上げをすることができます。

降臨ダンジョンで女神降臨が登場していた際は、是非ともスキルレベル最大を目指して、スキル上げ素材を集めましょう!

他にも、

モンスター 入手場所

ドロップス
ポリンの塔

AB・イエローバード・チャック
アングリーバードコラボ

上記のモンスターでもスキル上げが可能!

 

究極ミニばるきりーのリーダーとしての使い道

究極ミニばるきりーは、パズドラの序盤〜中盤では、リーダーとして十分に使い道があるモンスターです。

簡単な降臨ダンジョンなどは、楽々攻略することができそうですね!

 

リーダースキル

究極ミニばるきりーのリーダースキルは「回復と神タイプの攻撃力が3倍」になります。

攻撃力にかかる倍率は低いですが、究極ミニばるきりー自身に2体攻撃を複数持ってるので、光の4つ消しでの火力は馬鹿にできません。

そして、

リーダースキルの対象が、回復/神タイプと範囲が広く、

パズドラ初心者〜中級者

には、使いやすいリーダーです!

 

テンプレの考察

究極ミニばるきりーをリーダーとして使用するのであれば、光属性の回復/神タイプのモンスターをサブに起用するのが絶対条件になります。

欲を言うなら、

2体攻撃持ちのモンスターでパーティーを構成し、2way寄せの編成がおすすめです!

 

究極ミニばるきりーのテンプレパーティー
モンスター名 スキル
ミニばるきりー 回復を光に変化
・エンジェリオン 闇を回復に変化
・ヴァーチェ 闇を光に変化
・サンリッチ 水を光に、闇の回復に変化
・キングヒカりん 回復タイプの3倍エンハンス
ミニばるきりー 回復を光に変化

究極ミニばるきりーのテンプレパーティーを考察してみました。

サブは全て無課金で入手することができ、入手難易度も低いものばかりの編成です。

なんといっても、

究極ミニばるきりーの最大の魅力は、パーティーの編成難易度が低いところにあります!

パズドラを始めたばかりの方は、上記のテンプレパーティーを目指してみてください。

スポンサーリンク

究極ミニばるきりーのサブとしての使い道

多くの方にとって、究極ミニばるきりーはサブとしての使い道になると思います。

光属性の2wayパーティーでは、必須級のモンスターになりそうですね!

 

スキルの使い道

究極ミニばるきりーのスキルは、

回復⇒光

のドロップ変換です!

シンプルながらにも、使い道が多い超強力なスキルです。

そして・・・

・天禄の龍聖姫・大喬
スキル:闇ドロップを光に、火ドロップを回復に変化

上記の大喬のような回復ドロップを生成できる変換と組み合わせてスキルを使用することで、光多めの盤面を作ることが可能!

光属性の回復ドロップ変換持ちは多いので、様々な使い道がありそうです。

 

覚醒スキルが強い

 

究極ミニばるきりーの最大の魅力は、強力な覚醒スキル

とにかく目を引くのが、2体攻撃×3個持ちのところです。

究極進化したことにより、攻撃力が大幅に上昇したため、火力要員としては光属性の中でもトップクラスの性能を持ちます

光の2wayパーティーでは、

  • 変換要員としての使い道
  • 火力要員としての使い道

上記のような使い道がありそうです。

さらに・・・

スキル封印対策としての使い道も!

 

覚醒スキルに、封印耐性も持っているため、スキル封印対策としての使い道もあります

封印耐性を持っているだけで、サブとしての使い道をかなり増やしてくれそうです!

 

オススメパーティー

しつこいようですが・・・

究極ミニばるきりーのサブとしての使い道は、光の2wayパーティーでのサブとしての使い道になります。

活躍してくれそうなパーティーを上げてみると、

光カーリーパーティー
アテナパーティー
イーリアパーティー
覚醒ラーパーティー

上記のパーティーで、サブとして使い道がありそうです。

もちろん、

まだまだ他にもサブとしての使い道があるパーティーはたくさんあります。

基本的には、究極ヴァルキリーの上位互換になるので、

ヴァルキリーが入るパーティーだったらどこにでも入れれる

という認識で差し支えないかと思います。

 

究極ミニばるきりーの評価

究極ミニばるきりーのリーダーとしての評価サブとしての評価を、

S・A・B・C・D

上記5段階で、それぞれ格付けしてみたいと思います。

個人的な意見が強く反映されていますが、ご了承ください

 

リーダーとしての評価

Bランク

究極ミニばるきりーのリーダーとしての評価は、「まぁまぁ」といった評価です。

リーダースキルは、攻撃倍率3倍と低いですが、テンプレパーティーの編成難易度が低いと言うところで評価を上げています。

ある程度のモンスターが揃ってくれば、リーダーとしての使い道は少なくなっていきますが、パズドラの序盤では大活躍してくれること間違いなしです!

 

サブとしての評価

Sランク

究極ミニばるきりーのサブとしての評価は、最高評価のSランク!

少し評価しすぎかもしれませんが・・・

光の6way持ちのモンスターは、少ないため、貴重な火力要員として評価しました!

ミニシリーズをここまで強くしてしまって良いのか。。

 

まとめ

以上、究極ミニばるきりーの評価と使い道やテンプレパーティーの紹介でした!

ミニシリーズが本家のモンスターの性能を上回ることも少なくなくなってきましたね。

ミニシリーズの中では、

ミニばるきりーが一番の大当たり

といっても良いかもしれません。

今後の活躍に期待です!

 

ぷぎゅコレガチャのモンスター記事一覧

黒翼姫神・ミニばるきりーくれーる
神書の管理者・ミニめたとろん
現世の赤龍喚士・ミニそにあ
神罰の審理者・ミニめたとろん
時女神・ミニすくるど
魔哭の冥夜神・ミニぱんどら
覚醒ミニいしす
覚醒ミニばすてと
覚醒ミニつくよみ
覚醒ミニあまてらす
時女神・ミニうるど
時女神・ミニべるだんでぃ
月光牙の魔女・ミニりりす
夜刻武神・ミニつくよみ
反逆の熾天使・ミニるしふぁー
覚醒・ミニへらうるず↑↑
神王妃・ミニへら

スポンサーリンク

魔法石を無料でコツコツ集めませんか?

課金はあまりしたくない・・・けどあのモンスターはどうしても手に入れたい・・・。

本当に欲しいモンスターがでたときに後悔しないために、今のうちから魔法石をコツコツと無料で集めていきませんか?

通勤時間や休み時間の1日5分でできる魔法石をコツコツと集めていく方法を紹介。

スポンサーリンク

ピックアップ

「かわいいモンスターラインキング」
パズドラの絵師一覧とイラストランキングベスト5を紹介!

11月7日〜11月20日の予定表
11月7日〜11月20日の予定表
11/28(月) 11/29(火) 12/30(水) 12/1(木) 12/2(金) 12/3(土) 12/4(日)
FFコラボ
ランキングダンジョン:FFコラボ杯
 ラス降臨  
12/5(月) 12/6(火) 12/7(水) 12/8(木) 12/9(金) 12/10(土) 12/11(日)
 
 
 

おすすめ記事一覧

コメントについて

いつもたくさんのコメントありがとうございます!

コメントは情報提供や情報交換の場になったりしてくれればと思っています。

なにかあればどんどん書き込んじゃってください。

コメントが反映されるまでに多少時間がかかってしまいますので、コメントした方は少々お待ちください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ