まとめ&速報記事

魔法石を大量に溜める方法

課金せずに魔法石を大量に集める秘密

新モンスター一覧

新モンスター一覧(リーダー&サブでの評価つき)


属性別モンスター一覧&リーダーランキング
火属性 水属性 木属性
光属性 闇属性

【パズドラ】超究極ラグドラの評価・テンプレ・サブとしての使い道の紹介

 

この記事では、超究極ラグドラの評価・テンプレ・サブとしての使い道を紹介します。

MPモンスターの1体であるラグドラが超究極進化しました。

実装当初のラグドラは単体性能は十分優秀だったものの、他のパーティーとの噛み合わなさが目立ち、何かと不遇な立場でした。

が、ダブルキラーを獲得したことや、シェリアスルーツをはじめとしてロノウェやジュリなど噛み合うモンスターの登場によって、活躍の場を増やし現在に至ります。

そのラグドラが先日超究極進化を遂げ強化されたことにより、サブではもちろんリーダーでも第一線に立てるほどに強くなりました

そんなラグドラですが、実際どういった部分が強化されたのでしょうか?

以下詳しく見ていきましょう。





目次

 

超究極ラグドラについて

超究極によって強化された点は以下の通りです。

  • ステータス上昇(HP+1000/攻撃+250/回復+230)
  • LS強化

特にLSは大幅に強化され、現環境でもリーダーとして戦っていけるようになりました。

HP倍率がついたことでマシンタイプの全パラメータに補正がかかるようになり、最大倍率も4.5倍から7倍と上昇し、おまけにLSの発動条件が緩和されるなど、まさに至れり尽くせりです。

超究極進化なので覚醒やスキルの強化はありませんが、元々サブ性能が高いので特に問題はないかと思います。

以上のように、リーダー・サブいずれにおいても大いに活躍できるモンスターと言えるでしょう

超究極ラグドラのステータス

ドラゴンタイプ
マシンタイプ
HP 攻撃力 回復力
レベル最大 6030 1855 230
+99 7020 2350 527
スキル

オールドロップチャージ:14(最短9)
全ドロップを5属性+回復ドロップに変化。
自分以外の味方スキルが1ターン溜まる。

リーダースキル

カタストロフィソード
マシンタイプの全パラメータが1.5倍。
2色以上同時攻撃で攻撃力が上昇、最大7倍。

覚醒スキル

 バインド耐性

 バインド耐性

 スキルブースト

 操作延長

 操作延長

 封印耐性

 2体攻撃

 ドラゴンキラー

 神キラー

超究極ラグドラの基本性能について

ステータスは全て強化され、全方位隙のない数値となりました。

特に回復が0から230に上昇したので、サブでも大きく足を引っ張ることはなくなったかと思います。

覚醒は進化前と同様で、文句のつけようがない内容です。

攻撃にプラスを振れば2350となるため、キラーや2wayと相まって高い火力を出すことができます。

超究極ラグドラのリーダーとしての使い道

超究極ラグドラは、LSの強化によって第一線でも活躍できるリーダーとなりました。

可変倍率の幅が広く、倍率の選択がしやすいため非常に使いやすくなっています。

その一方で相変わらずタイプ縛りが辛いですが、それを補ってあまりあるリーダーです。

リーダースキル

超究極ラグドラのリーダースキルは

  • マシンタイプの全パラメータが1.5倍。
  • 2色以上同時攻撃で攻撃力が上昇、最大7倍。

上記の効果があります。

倍率の詳細は以下の通りです(括弧内の数字は常時倍率と掛けた数値です)。

条件 倍率 LF倍率
 常時  1.5 2.25
 2色  2.5  6.25
14.0625
3色 4 16
36
4色 5.5 30.25
68.0625
5色 7 49
110.25

最低1.5倍最大10.5倍と倍率の幅が広く、状況に応じた火力を選択できます。

LFの最大はおよそ110倍となり、多色リーダーとしてはまずまずの倍率です。

ラグドラのダブルキラーが刺さる場合、ラグドラ自身には最大およそ990倍の倍率がかかり、凄まじい火力を発揮できます。

その一方で弱点を挙げるとすれば、やはりタイプ縛りが厳しい点でしょうか。

マシンタイプはだいぶ増えましたが、その中でもラグドラと噛み合うモンスターとなると数が非常に限られます。

さらに、そこから理想のテンプレを作ろうとすると選択肢が一層限られるため、編成難易度は高いです。

しかし、条件をクリアできれば強力なパーティーとなるので、テンプレを追求する価値は大いにあるでしょう。

テンプレの考察

超究極ラグドラパーティーのテンプレを考察します。

理想のテンプレというより同キャラ禁止でも使えるように意識したテンプレです。

そのため、通常はサブにもラグドラを編成した方がいいのですが、今回はラグドラなしという方針で行きますのでご了承ください。

ということでテンプレを考察します。

超究極ラグドラパのテンプレ

モンスター名 スキル
超究極ラグドラ 陣(5色+回復)+ヘイスト
・闇バルディン 2ターンダメージ半減+2ターンドラゴン・マシン2倍エンハンス
水ボルメテウス ドロリフ+ヘイスト
・バルボワ 1ターン敵防御0+1ターンダメージ半減
オルファリオン 2ターン光の目覚め+光2個生成
超究極ラグドラ 陣(5色+回復)+ヘイスト

 

超究極ラグドラパーティーのテンプレを考察しました。

ご覧の通りメカメカしいパーティーです。

この編成だと闇バルディン以外バインドされないので、欠損しない限りダンジョンを突き進んでいけます。

なお、オルファリオンのスキルは、残念ながらラグドラパでは出番がないため、陣などのスキルをアシストさせるのがおすすめです。

テンプレ入れ替え候補

超究極ラグドラパのテンプレ入れ替え候補を紹介します。

ジュリ
軽減要員としてのテンプレ候補。バインドされない上にトリプルキラー持ちなので、水枠にはうってつけの性能です。
水スピカ
変換要員としてのテンプレ候補。木染めする際におすすめのモンスターです。神キラー持ちなので火力にも貢献します。
クラジュ=マキナ
サポート要員としてのテンプレ候補。相手属性を問答無用で水に変えるスキルを持っており、間接的に火力要員として貢献します。
分岐エレン
バインド回復要員としてのテンプレ候補。ラグドラパはバインドに強い方ですが、もしもの時のために入れておくのもありです。
火ミル
ベース要員としてのテンプレ候補。スキルは扱いづらいですがその他が非常に優秀なので、採用の余地ありです。
レイミル
ベース要員としてのテンプレ候補。こちらも火ミルと同様スキルが使いにくいですが性能は優秀で、操作延長3個持ちなのでパズルの安定感を向上させることができます。

 

無課金で入手できるテンプレ入れ替え候補

超究極ラグドラパの無課金で入手できるテンプレ入れ替え候補を紹介します。

マシンアテナ
ドロップ強化要員としてのテンプレ候補。ドロップモンスターとしては珍しいドラゴンキラー持ちです。スキルが軽いためベースとしても使えます。
デスファリオン
ベース要員としてのテンプレ候補。属性は違いますが、オルファリオンと似た役割が持てます。
シェロスパーダ
軽減要員としてのテンプレ候補。光枠のドロップモンスターとしてはなかなかです。詳細は当該記事で。

 

超究極ラグドラのサブとしての使い道

超究極ラグドラは、進化前と同様今後もサブで使っていけます。

多色のサブとしての汎用性は高いので、タイプ縛りのない多色パーティーに積極的に採用できるでしょう。

超究極ラグドラのスキル

  • 全ドロップを5属性+回復ドロップに変化。
  • 自分以外の味方スキルが1ターン溜まる。

スキルは上記の効果があります。

端的に言えば6色陣+ヘイストのスキルです。

進化前と同じスキルであるため、使用感に変化はありません。

6色陣の数は結構増えましたが、ラグドラの陣はヘイストという使いやすい効果付きなので、今後も一定数使われるでしょう。

オススメパーティー

スキルが多色向けの陣なので、やはり多色パーティーで使うのがおすすめです。

しかし、一番おすすめなのは多色リーダーというより指定色リーダーのあの方です。

それは、

[静杖の龍機博士・ジュリ]
ハーミットサイクル】[水と木属性のHPと攻撃力が1.5倍。水木の同時攻撃でダメージを軽減、攻撃力が5倍。]

ジュリです。

ジュリは多色リーダーではありませんが、キラーを生かして高火力を出すというスタイルなので、ラグドラのダブルキラーが非常に生きます。

スキルはそれほど噛み合っているとは言えませんが、6色陣で確実に攻撃色と回復を確保できるため、素で使っても問題ありません。

ジュリパには必須クラスのモンスターと言っても過言ではないでしょう。

サブとして使い道があるパーティー
超究極ラグドラパ
多色パーティー。
シェリアスルーツパ
多色パーティー。
ロノウェパ
十字+多色パーティー。





超究極ラグドラの評価

超究極ラグドラのリーダーとしての評価、サブとしての評価をS・A・B・C・Dで格付けします。

※個人的な意見が強く反映されていますがご了承ください

 

リーダーとしての評価

S-ランク評価

超究極ラグドラのリーダーとしての評価はS-ランク。

堅実な耐久力を手に入れた上に火力も大幅に上がったため、攻略リーダーとして使っていけます。

闘技場3などの周回リーダーとしてもおすすめです。

サブとしての評価

S-ランク評価

超究極ラグドラのサブとしての評価はS-ランク。

立ち位置的には進化前とほとんど変わりません。

多色パーティーや指定色パーティーが主な就職先となります。

キラーは刺さる相手にはとことん刺さるため、神タイプやドラゴンタイプが多いダンジョンに行く際は是非採用しましょう。

まとめ

以上、超究極ラグドラの評価・テンプレ・サブとしての使い道を紹介しました。

リーダー・サブ両方で活躍できるモンスターです。

個人的にMPモンスターの中でも1、2を争うほど優秀だと思います。

ただ、進化素材を集めるのが非常に大変です。

進化後のマシンアテナを用意するのがおそらく一番苦労するでしょう。

しかし、その分性能は折り紙付きなので、持っている方は是非進化させてみてください。

以上、超究極ラグドラについての紹介を終わります。

あなたにオススメのコンテンツ

魔法石を無料でコツコツ集めませんか?

課金はあまりしたくない・・・けどあのモンスターはどうしても手に入れたい・・・。


本当に欲しいモンスターがでたときに後悔しないために、今のうちから魔法石をコツコツと無料で集めていきませんか?


通勤時間や休み時間の1日5分でできる魔法石をコツコツと集めていく方法を紹介。


ピックアップ

「かわいいモンスターラインキング」
パズドラの絵師一覧とイラストランキングベスト5を紹介!

おすすめ記事一覧

コメントについて

いつもたくさんのコメントありがとうございます!

コメントは情報提供や情報交換の場になったりしてくれればと思っています。

なにかあればどんどん書き込んじゃってください。

コメントが反映されるまでに多少時間がかかってしまいますので、コメントした方は少々お待ちください。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ