まとめ&速報記事

魔法石を大量に溜める方法

課金せずに魔法石を大量に集める秘密
属性別モンスター一覧&リーダーランキング
火属性 水属性 木属性
光属性 闇属性
現在開催中のイベント

開催期間:11月21(月)〜12月4日(日)
FFコラボガチャの当たりキャラや評価一覧を紹介


開催期間:11月21(月)〜12月4日(日)
グラウカのテンプレや評価と買うべきかの紹介


開催期間:11月28(月)〜12月4日(日)
FFコラボ杯の高得点取得の立ち回りとボーダー紹介

【パズドラ】お正月ミツキの評価や使い道とテンプレパーティー

 

パズドラのお正月ガチャの金卵モンスター、お正月ミツキ。

金卵の中でも星5とレア度は低いので、排出率はそれなりにたかそう!

金卵ということで性能に期待しちゃいますが・・・・?

この記事では、お正月ミツキの

  • 使い道やテンプレパーティー
  • リーダーやサブとしての評価

これらを考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

目次

 

お正月ミツキのステータス

パズドラ お正月ミツキ
回復タイプ
攻撃タイプ
HP 攻撃力 回復力
レベル最大 2,124 1,379 592
+99 3,124 1,874 889

スキル

豊年満作の祈り:13(最短8)
木と闇ドロップを回復ドロップに変化。自分以外の味方スキルが1ターン溜まる。

リーダースキル

ほれ、お主もどうじゃ?
回復タイプのHPが2.5倍。回復を6個以上つなげると攻撃力が3倍。

覚醒スキル

回復ドロップ強化
自動回復
バインド回復
火属性強化
封印耐性
自動回復
マシンキラー

 

スキル上げ素材

 

お正月ミツキは、お正月ダンジョンで入手することができる「お正月卑弥呼」でスキル上げをすることが可能です。

スキル上げ素材の入手はお正月ダンジョンでしかできません。

しっかりと、お正月ダンジョン開催期間中にスキルレベル最大を目指していきましょう!

 

お正月卑弥呼のリーダーとしての使い道

お正月ミツキは、リーダーとしてなかなか優秀な性能を持ったモンスター。

タイプ制限があるのがきついですが、リーダーとして十分使い道がありそうです!

 

リーダースキル

お正月ミツキのリーダースキルは、

  • 回復タイプのHPが2.5倍
  • 回復を6個以上つなげると攻撃力が3倍

上記2つの効果があります。

回復タイプ限定” というところが結構きついですが、攻撃倍率もそこそこで、なんといってもHPが非常に高いパーティーを編成することが可能です。

リーダーとフレンドをお正月ミツキに設定すれば、回復タイプのHPが6.25倍という型破りな倍率がかかることになります。

10万オーバーのHPのパーティーを編成するのも夢じゃありません!!!

回復タイプでパーティーを編成すれば、素の回復力だけでも十分。

しかし、火属性の回復タイプが少ないのが欠点です・・・。

 

テンプレの考察

お正月ミツキをリーダーとして使用するのであれば、サブは回復タイプ持ちの火属性モンスターで編成したいところ。

また、お正月ミツキパーティーは、回復ドロップを6個繋げないと攻撃倍率がかかりません。

回復ドロップを生成できるモンスターがサブにいると良いですね!

 

お正月ミツキパのテンプレ

モンスター名 スキル
お正月ミツキ 木、闇⇒回復+ヘイスト
ライラ 最下段を火に変化
マミヤ 水、お邪魔⇒火
ウリエル 光⇒火、闇⇒回復+回復ドロップ強化

ガディウス 陣(火、光、闇、回復)
お正月ミツキ 木、闇⇒回復+ヘイスト

お正月ミツキパのテンプレを考えてみました。

が、思った以上に火属性の回復タイプモンスターが少ないです(汗)

上記の編成では、

ガディウス⇒ウリエル

で回復と火の2色盤面を生成することが可能です。

道中ライラやマミヤの変換で突破。

回復ドロップが枯渇したらお正月ミツキの変換使用!

かなりパーティーの自由度は低いですが、耐久力が非常に高いパーティーを編成することができます。

 

テンプレ入れ替え候補
クリスマスエキドナ
クリスマスエキドナも優秀なテンプレ候補!クリスマスガチャ限定のモンスターですが、銀卵ということで持っている方も多いのではないでしょうか。本家よりもこちらを優先したいところです。
エキドナ
しかし、クリスマスエキドナを持っていない方は、本家も十分にテンプレ候補になります。威嚇があれば、様々な場面で重宝するはず!
フェニックスライダー
フェニックスライダーも意外と回復タイプを所持しています。フェニックスライダーがいれば、さらに耐久性能が大幅パワーアップ。
ヴァルキリーファム
ヴァルキリーファムは回復タイプ持ちですが、回復ドロップを消してしまいます!そのため、スキルを使用する際は、他の回復変換スキルを後から使うなどの工夫が必要に。

お正月ミツキパーティーのサブを回復タイプで固めてしまうと、思った以上にテンプレパーティーの自由度が下がってしまいます。

回復タイプ以外もパーティーに加えるなど、柔軟に編成を考える必要もありそうですね。

スポンサーリンク

お正月のサブとしての使い道

お正月ミツキは、サブとしての使い道もそれなりにありそうです!

 

スキルの使い道

お正月ミツキのスキルは、

  • 木と闇ドロップを回復ドロップに変化
  • 自分以外の味方スキルが1ターン溜まる

上記の効果があります。

本家ミツキの「ダブル防御体制」にヘイストがついた仕様となりました。

お正月ミツキのスキルだけでも大量の回復ドロップを生成できるので、リーダースキルを発動するのに、回復ドロップを必要とするパーティーでは大活躍!

また、

ヴァルキリーファム
回復ドロップを火ドロップに変化
セト
回復ドロップを火ドロップに変化。1ターンの間、火属性の攻撃力が1.5倍

上記のような変換スキルと組み合わせることで、大量の火ドロップを生成することも可能です。

 

ステータスや覚醒スキル

 

お正月ミツキのステータスは、回復以外はかなり低め。

特にHPの低さはパーティーの足を引っ張ってしまうほどです。

 

お正月ミツキの覚醒スキルを見てみると、7つも所持しています。

・・・が、どれも中途半端な感が否めません。

しかし、注目なのが「マシンキラー」を所持している点。

マシンキラー

マシンタイプの敵に対して攻撃力がアップする

 

これ目当てでパーティーに入れることもありそう。

 

オススメパーティー

お正月ミツキは、火属性パーティーであればどこに入れても活躍してくれそうです。

特に・・・

 

ガディウスパーティーのサブとしての使い道が有力!

ガディウスパーティーでは、攻撃倍率を出すために回復ドロップが必要となります。

大量の回復ドロップを生成できるミツキのスキルは、これらのパーティーで活躍してくれそうです。

他にも、

ラオウパーティー
覚醒ミネルヴァパーティー

火の周回パーティーの頂点であるラオウパーティーや、耐久力はパズドラトップクラスの覚醒ミネルヴァパーティーで、回復要員としての使い道もありそうです。

 

お正月ミツキの評価

お正月ミツキのリーダーとしての評価サブとしての評価を、

S・A・B・C・D

上記5段階で、それぞれ格付けしてみたいと思います。

個人的な意見が強く反映されていますが、ご了承ください

 

リーダーとしての評価

Bランク評価

お正月ミツキのリーダーとしての評価は、Bランク評価!

パーティーの自由度は低いですが、リーダースキルの性能はなかなかです。

今回紹介したテンプレが組めるのであれば、十分にリーダーとしても使い道がありそう!

 

サブとしての評価

Bランク評価

お正月ミツキのサブとしての使い道も、Bランク評価。

スキルが回復ドロップ変換ということで、サブとしての優先順位は低いですが、使えない性能ではありません。

特に、マシンタイプのモンスターが出現した時の活躍に期待!!

 

まとめ

以上、お正月ミツキの評価や使い道とテンプレパーティーの紹介でした!

お正月ガチャの金卵の中では、はずれの部類に入ってしまいますが、引いたからにはどんどん使っていきたいですね。

引いたときには、しっかりとお正月イベント期間内にスキル上げをしておきましょう!

スポンサーリンク

魔法石を無料でコツコツ集めませんか?

課金はあまりしたくない・・・けどあのモンスターはどうしても手に入れたい・・・。

本当に欲しいモンスターがでたときに後悔しないために、今のうちから魔法石をコツコツと無料で集めていきませんか?

通勤時間や休み時間の1日5分でできる魔法石をコツコツと集めていく方法を紹介。

スポンサーリンク

ピックアップ

「かわいいモンスターラインキング」
パズドラの絵師一覧とイラストランキングベスト5を紹介!

11月7日〜11月20日の予定表
11月7日〜11月20日の予定表
11/28(月) 11/29(火) 12/30(水) 12/1(木) 12/2(金) 12/3(土) 12/4(日)
FFコラボ
ランキングダンジョン:FFコラボ杯
 ラス降臨  
12/5(月) 12/6(火) 12/7(水) 12/8(木) 12/9(金) 12/10(土) 12/11(日)
 
 
 

おすすめ記事一覧

コメントについて

いつもたくさんのコメントありがとうございます!

コメントは情報提供や情報交換の場になったりしてくれればと思っています。

なにかあればどんどん書き込んじゃってください。

コメントが反映されるまでに多少時間がかかってしまいますので、コメントした方は少々お待ちください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ