まとめ&速報記事

魔法石を大量に溜める方法

課金せずに魔法石を大量に集める秘密
属性別モンスター一覧&リーダーランキング
火属性 水属性 木属性
光属性 闇属性
現在開催中のイベント
現在開催中のイベント

開催期間:12月5(月)〜12月18日(日)
ブリーチコラボガチャの当たり一覧と結果を紹介

【パズドラ】究極神インドラの評価やサブの使い道を紹介

 

パズドラのダメージ軽減要員の頂点、インドラ。

究極分岐することによって、神orバランスのどちらかを選ぶことができますが、今回は究極神インドラについて。

「神タイプのモンスターが〜」

というリーダースキルが増えて来て、究極神インドラの需要は高まるばかり。

ダメージ軽減要員として、多くのパーティーで大活躍してくれるモンスターです!

この記事では、究極神インドラはどういった使い道があるか、評価と併せて御紹介!

スポンサーリンク

目次

 

神インドラのステータス

パズドラ 神インドラ
神タイプ
ドラゴンタイプ
HP 攻撃力 回復力
レベル最大 3,850 1,467 219
+99 4,840 1,962 516
スキル

英龍の守り:20(最短15)
少しの間、受けるダメージをかなり減らす

リーダースキル

雷龍神の祝福
ドラゴン、神タイプのHPと攻撃力が2倍。

覚醒スキル
操作時間延長
封印耐性
スキルブースト
封印耐性
スキルブースト
光ドロップ強化

 

スキル上げ素材

 

究極神インドラのスキル上げ素材は、「クアントン」ですることが可能です。

コインダンジョンで購入することができる「光の蟲龍」で入手できる他、

上記のダンジョンでも入手することが可能です。

究極神インドラはスキル上げをしないと、かなりターンがかかってします。

是非ともスキルレベル最大を目指して、スキル上げに挑戦してみてください!

 

神インドラのリーダーとしての使い道

究極神インドラのリーダーとしての使い道は、あまりないかも・・・。

 

リーダースキル

究極神インドラのリーダースキルは「ドラゴン、神タイプのHPと攻撃力が2倍」という効果です。

フレンドも究極神インドラに設定すれば、HP倍率は4倍になり、HP10万越えのパーティーを編成することも可能です。

また、リーダースキルの対象となるモンスターは数多く存在しますが、攻撃力が2倍しかなりません。

そして回復力はそのままなので、リーダーとしての運用は難しくなっています。

基本的に、究極神インドラはサブとしての使い道がメインになりそうです。

スポンサーリンク

神インドラのサブとしての使い道

究極神インドラは、サブとしての使い道は豊富。

ダメージ軽減要員としては、パズドラトップクラスの性能を誇ります!

 

スキルの使い道

究極神インドラのスキルは、「少しの間、受けるダメージをかなり減らす」という効果。

少しの間=3ターン

で、

かなり減らす=75%軽減

です。

敵の攻撃を75%も、しかも3ターン軽減というなんとも心強いスキルです!

 

鬼畜な先制攻撃で知られる、ヘララッシュの「究極ヘラ」の対策だってインドラがいれば十分。

また、ダメージを抑えることができれば、様々な敵の対策として使うことが可能です。

先制スキル遅延
⇒事前に使っておけばダメージを抑えつつ、スキルが回復するのを待てる

などなど。

多くの敵のギミックにも対応できる超強力なスキルです!

 

ステータスや覚醒スキル

 

究極神インドラの魅力は強力なスキルだけではありません。

ステータスも平均的に高め。特にHPが4000近くもあるため、パーティーの総HPを底上げしてくれます。

そして・・・

 

所持している覚醒スキル4つと少ないながらも、かなり魅力的なラインナップとなっております。

封印耐性はなんと2つ!

究極神インドラをパーティーにいれるだけで、スキル封印を40%弾いてくれます。

他も、スキルブースト、操作時間延長とどのパーティーに入れても活躍してくれます。

2016年2月27日追記

「パズドラ4周年記念モンスター」により、覚醒スキルに

が追加されました。

協力プレイダンジョンで力を発揮するマルチブーストの追加はかなりでかい!

今まで以上にサブとしての使い道が広がりそうです。

 

オススメパーティー

究極神インドラがサブとして使えるパーティーをあげればきりがありません。

最近テンプレ化としているのが・・・

 

ラードラゴンパーティーのサブとしての使い道!

パズドラ最強と名高いラードラゴンパーティーですが、ダメージ軽減要員、スキル封印対策要員として究極神インドラが大活躍。

多くのダンジョンで、究極神インドラが必須となることが多いです!

ラードラゴン使いの方は、是非とも究極神インドラを育成しておきたいところ。

また、他にも・・・

覚醒ラーパーティー
光カーリーパーティー
ベジットパーティー
ヴォルスーンパーティー
ウミサチパーティー

本当にどのパーティーに入れても活躍してくれる性能の持ち主。

  • 多色パーティー
  • ドラゴンパーティー
  • 光属性パーティー

上記のパーティーはもちろん、ダメージ軽減役やスキル封印対策要員とするなら、どんなパーティーに採用しても良いのではないかと。

サブとしての使い道をあげればきりがありません!

 

神インドラの評価

神インドラのリーダーとしての評価サブとしての評価を、

S・A・B・C・D

上記5段階で、それぞれ格付けしてみたいと思います。

個人的な意見が強く反映されていますが、ご了承ください

 

リーダーとしての評価

Bランク評価

究極神インドラのリーダーとしての評価は、Bランク評価!

リーダーとしては使えない性能ではないものの、使う機会は多くありません。

タイプ制限ではなく、光属性が対象であればリーダーとしてももう少し使いやすかったかもしれません。

 

サブとしての評価

A+ランク評価

究極神インドラのサブとしての評価は、A+ランク評価!

サブとしては非常に評価が高いモンスターです!!

ダメージ軽減要員、スキル封印対策要員として、幅広く活躍します。

ですが、

これらの対策が必要ないダンジョンでは、サブとしての優先順位が下がってしまいます。

対策要員としては優秀なので文句はありませんが・・・。

 

まとめ

以上、究極神インドラの使い道や評価の紹介でした!

サブとしてはとにかく使えるモンスター。

優先的に+を振っていきたいモンスターです!

高難易度ダンジョンでは、インドラに何度お世話になったことかわかりません。

余談ですが、究極神インドラの図鑑ナンバーを見てみると「657」とパズドラ初期に実装されていたモンスターなんですね。

現在でも十分に使い道があることを考えると恐ろしい・・・。

スポンサーリンク

魔法石を無料でコツコツ集めませんか?

課金はあまりしたくない・・・けどあのモンスターはどうしても手に入れたい・・・。

本当に欲しいモンスターがでたときに後悔しないために、今のうちから魔法石をコツコツと無料で集めていきませんか?

通勤時間や休み時間の1日5分でできる魔法石をコツコツと集めていく方法を紹介。

スポンサーリンク

ピックアップ

「かわいいモンスターラインキング」
パズドラの絵師一覧とイラストランキングベスト5を紹介!

11月28日〜12月11日の予定表
11/28(月) 11/29(火) 12/30(水) 12/1(木) 12/2(金) 12/3(土) 12/4(日)
FFコラボ
ランキングダンジョン:FFコラボ杯
 ラス降臨  
 
12/5(月) 12/6(火) 12/7(水) 12/8(木) 12/9(金) 12/10(土) 12/11(日)
 
 
 
ブリーチコラボ

おすすめ記事一覧

コメントについて

いつもたくさんのコメントありがとうございます!

コメントは情報提供や情報交換の場になったりしてくれればと思っています。

なにかあればどんどん書き込んじゃってください。

コメントが反映されるまでに多少時間がかかってしまいますので、コメントした方は少々お待ちください。

コメント一覧

  1. 通行人 より:

    アンケ結果で覚醒くるかな?
    ずっと前に入手はしたけど使ってないな~

    • 管理人 より:

      インド神シリーズは、インドラとヴリトラだけが未覚醒ですよね。

      他の覚醒進化実装がかなり前だったので、アンケと言わず普通に覚醒してほしいところですが・・・。

  2. 通行人 より:

    インドラ強いですよね
    覚醒ラーに突っ込んでます
    スキルあげ素材がわからなくて今まであげてなかったし
    しかも究極前w
    これから神究極させてきます

    • 管理人 より:

      インドラ強いです!
      覚醒ラーパに入れたらどこにでもいけちゃいそうな雰囲気がありますよね。

      是非スキル上げもしてあげてください(笑)

  3. 通行人 より:

    インドラは修正前は上二つの指と封印がHP上昇だったらしいですね。
    そう考えると相当な強化されたんだなぁ

    • 管理人 より:

      インドラ修正前はそんな覚醒スキルだったんですね(笑)
      全然覚えていませんでした。。。

      パズドラ序盤からいるモンスターでここまで使われているのってインドラくらいかもしれませんね〜。。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ