まとめ&速報記事

魔法石を大量に溜める方法

課金せずに魔法石を大量に集める秘密
属性別モンスター一覧&リーダーランキング
火属性 水属性 木属性
光属性 闇属性
現在開催中のイベント
現在開催中のイベント

開催期間:12月5(月)〜12月18日(日)
ブリーチコラボガチャの当たり一覧と結果を紹介

【パズドラ】アハトロスの評価やサブの使い道と入手場所を紹介

 

この記事では、アハトロスの評価やサブの使い道、入手場所を紹介します。

パズドラのテクニカルダンジョンで入手できるアハトロス。

無課金でも入手できるモンスターは実用性に乏しいものが多いのが現状ですが、アハトロスは十分に使える性能を所持しています。

また、進化素材での使い道もあるので、入手場所はしっかりとチェックしておきましょう!

ということで早速、アハトロスの

  • 入手場所
  • サブの使い道や評価

これらを考察&紹介していきます。

サブとしては多くのパーティーで使い道がありそう!?

スポンサーリンク

目次

 

アハトロスのステータス

パズドラ アハトロス
ドラゴンタイプ
HP 攻撃力 回復力
レベル最大 3342 1522 506
+99 4332 2017 803
スキル

アビスストローク:?(最短8)
右端1列を水ドロップに変化。バインド状態を3ターン回復。

リーダースキル

満潮の龍力
ディエイクがチームにいると攻撃力が2倍。強化ドロップを含めて5個消した属性の攻撃力が2倍。

覚醒スキル
スキルブースト
水ドロップ強化
水ドロップ強化
水ドロップ強化
暗闇耐性
暗闇耐性
バインド耐性
バインド耐性

 

入手場所

アハトロスの入手場所は、テクニカルダンジョンの「伝説の星海」です。

※伝説の樹海を攻略すると出現します

この入手場所の攻略難易度が非常に高く、しかも入手できる確率は1/2となっています。
(ボスモンスターが2体出現し、どちらかがドロップするため)

入手難易度は高いですが、その分強力な性能をもっているのでぜひとも入手&育成しておきたいですね。

進化素材として使用することもあるため、入手場所を何度か攻略し、複数入手しておくことをおすすめします。

 

スキル上げについて

 

アハトロスのスキル上げをするには、アハトロス同士を合成させる必要があります。

所持するスキルのスキル上げ重要度は非常に高いですが、入手場所が入手場所なだけにスキル上げ難易度も非常に高いです・・・。

できればアハトロスを複数入手してスキル上げをすることが望ましいですが、ピィを使っても良いかもしれません。。。

 

アハトロスのリーダーとしての使い道

アハトロスのリーダーとしての使い道は、ほとんどないと言って良いでしょう。

アハトロスの入手場所を攻略できるほどの腕を持っているなら、アハトロスをリーダーに設定することは考えられません。

 

リーダースキル

アハトロスのリーダースキルは、

  • ディエイクがチームにいると攻撃力が2倍
  • 強化ドロップを含めて5個消した属性の攻撃力が2倍

上記の効果があります。

アハトロスの入手場所で同時に出現するディエイクがパーティーにいれば攻撃力が上昇。さらに強化ドロップ5個消しをすることによって攻撃力が上乗せされます。

ディエイクはアハトロスと属性が違い、パーティーに入れることのメリットは少ない・・・

何より攻撃倍率が最大4倍にしかならず、他のステータスは上昇しません。

どう頑張ってもリーダーとして使うには力不足の性能です。

アハトロスはリーダーとしてではなく、サブとしての使い道を考えていきましょう!

スポンサーリンク

アハトロスのサブとしての使い道

スキルが優秀なアハトロス。リーダーとしての使い道はほとんどありませんが、サブとしては

  • 変換要員
  • バインド回復要員

としての使い道がありそうです。

無課金で入手できるモンスターということを考えればかなり使える能力を持っていると言えます。
 

スキルの使い道

アハトロスのスキルは、

  • 右端1列を水ドロップに変化
  • バインド状態を3ターン回復

上記2つの効果があります。

どちらも有用な効果なので、使い道は多岐に渡ります。

まず右1列を水ドロップに変化させる変換スキル。

盤面に関わらず水ドロップを5個生成できる優れもの。さらに、上下いずれかのドロップを動かせば簡単に4個消しすることができるので、2wayパーティーと特に相性が良いですね。

そして全く異なる効果である、「3ターンバインド回復」もついているので、変換要員としての使い道だけでなく、バインド回復要員としての使い道もあります。

 

ステータスや覚醒スキル

 

アハトロスは無課金で入手できるモンスターとは思えないほど優秀なステータスを誇ります。

攻撃力には少し物足りなさを感じてしまいますが、HPと回復力は高水準。これだけステータスが整っているのであれば、サブとして十分に採用することができそうです。

 

覚醒スキルは目立ったものはないですが、バインド回復要員としての務めを果たすために完全バインド耐性というところは評価できます。

スキルブーストも所持しているので、サブとして使う最低ラインの覚醒スキルかなーという印象ですね。

 

オススメパーティー

アハトロスの就職先はかなり多く、水属性であればどこのパーティーにいれてもOKと使い勝手が良いです。
(一部のタイプ制限があるパーティーを除く)

真っ先に思いつくパーティーと言えば・・・

ヨウユウ
リーダースキル】水の2コンボ以上で攻撃力が上昇、最大2.5倍。強化ドロップを含めて5個消した属性の攻撃力が5倍。

ヨウユウパーティーでのサブとしての使い道。

アハトロスは攻撃タイプを持っていないため、ヨウユウのエンハンススキル対象外にはなってしまいます。

が、バインド回復・ドロップ生成要員として使い道があるので、十分にパーティーに入れる価値はあります。

覚醒スキルの相性も良いので、ヨウユウパのサブとして重宝する存在になりそうですね。

他にも

ヌトパーティー

スクルドパーティー

青ソニアパーティー

サブとしての使い道を探すときりがありません。

水属性のリーダーはバインドに弱いリーダーが多いので、対策モンスターとしてアハトロスが引っ張りだこになるかも・・・!?

そして見逃せないのが

ディエイトロス
リーダースキル】ディエイクとアハトロスがチームに居ると攻撃力が4倍。光水の同時攻撃で攻撃力が2倍。

ディエイトロスパーティーのサブとしての使い道。

ディエイトロスパーティーにはアハトロスが必須となります。

ディエイトロスパーティーを組むのであれば、しっかりとアハトロスを育成していきましょう。

 

アハトロスの評価

アハトロスのリーダーとしての評価サブとしての評価を、

S・A・B・C・D

上記5段階で、それぞれ格付けしてみたいと思います。

個人的な意見が強く反映されていますが、ご了承ください

 

リーダーとしての評価

Cランク評価

アハトロスのリーダーとしての評価はCランク評価。

繰り返しになりますが、リーダーとしての使い道はほとんどないといっても過言ありません。

リーダー評価はかなり低めです。

 

サブとしての評価

B+ランク評価

アハトロスのサブとしての評価はB+ランク評価です!

サブとしての評価はなかなか高く、多くの水属性パーティーで重宝する存在になります。

ガチャ限並・・・というのは言い過ぎですが、無課金で入手できるモンスターの中ではかなり使える部類に入ります。

 

まとめ

以上、アハトロスのサブとしての使い道や評価と入手場所の紹介でした。

入手場所の攻略難易度が高い分、サブとしては使える性能を引っさげてきてくれましたね。

スキル上げ難易度が高いのが難点ですが、育てておけば多くのダンジョンで活躍してくれそうです。余裕があれば頑張って育成しておきましょう!

安定攻略パーティーはこちらを参考に!

伝説の星海の安定攻略とノーコンパーティー紹介

 

また、

今後、進化素材として様々なところで必要になることが予想されます。

いつ使う機会が来ても良いように、アハトロスは複数入手しておいてくださいね。

スポンサーリンク

魔法石を無料でコツコツ集めませんか?

課金はあまりしたくない・・・けどあのモンスターはどうしても手に入れたい・・・。

本当に欲しいモンスターがでたときに後悔しないために、今のうちから魔法石をコツコツと無料で集めていきませんか?

通勤時間や休み時間の1日5分でできる魔法石をコツコツと集めていく方法を紹介。

スポンサーリンク

ピックアップ

「かわいいモンスターラインキング」
パズドラの絵師一覧とイラストランキングベスト5を紹介!

11月28日〜12月11日の予定表
11/28(月) 11/29(火) 12/30(水) 12/1(木) 12/2(金) 12/3(土) 12/4(日)
FFコラボ
ランキングダンジョン:FFコラボ杯
 ラス降臨  
 
12/5(月) 12/6(火) 12/7(水) 12/8(木) 12/9(金) 12/10(土) 12/11(日)
 
 
 
ブリーチコラボ

おすすめ記事一覧

コメントについて

いつもたくさんのコメントありがとうございます!

コメントは情報提供や情報交換の場になったりしてくれればと思っています。

なにかあればどんどん書き込んじゃってください。

コメントが反映されるまでに多少時間がかかってしまいますので、コメントした方は少々お待ちください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ