まとめ&速報記事

魔法石を大量に溜める方法

課金せずに魔法石を大量に集める秘密
属性別モンスター一覧&リーダーランキング
火属性 水属性 木属性
光属性 闇属性
現在開催中のイベント
現在開催中のイベント

開催期間:12月5(月)〜12月18日(日)
ブリーチコラボガチャの当たり一覧と結果を紹介

【パズドラ】アークの評価や使い道とスキル上げカード紹介

 

パズドラの神羅万象チョココラボガチャの ”銀” 卵キャラクター、神羅聖魔神アーク。

銀卵キャラクターなんてどうせはずれでしょ、と思いきや、かなり魅力的な性能をお持ちです。

金卵にはない尖った性能は、一部のダンジョンでは大活躍してくれること請け合い。

売却する前にしっかりと使い道を把握しておきましょう!

ということでこの記事では、神羅聖魔神アークの使い道や評価をご紹介します。

スキルと覚醒スキルはかなり使えそうですよ。

スポンサーリンク

目次

 

神羅聖魔神アークのステータス

パズドラ 神羅聖魔神アーク
バランスタイプ
神タイプ
HP 攻撃力 回復力
レベル最大 2,552 1,237 300
+99 3,542 1,732 597

スキル

超神羅・聖魔神滅覇:20(最短14)
敵全体に攻撃力×50倍の闇属性攻撃。2ターンの間、闇と木属性の攻撃力が2倍。

リーダースキル

魔剣グラム・アルマデル
バランスタイプのHPが1.5倍、攻撃力は2.5倍。

覚醒スキル

封印耐性
スキルブースト
闇ダメージ軽減
闇ダメージ軽減
闇ダメージ軽減
闇ダメージ軽減

 

スキル上げカード

 

神羅聖魔神アークのスキル上げ素材は、神羅万象チョココラボダンジョン2で入手できる「神羅聖魔神アークカード」で行うことが可能です。

スキル上げ素材のアークカードがドロップするダンジョンは、1ではなく 2 なので、入るダンジョンをお間違えないようにご注意ください。

また、スキル上げのカードの画像もかなり小さくなっているため、わかりづらい。合成するスキル上げカードを間違わないように注意しましょう。

 

アークのリーダーとしての使い道

神羅聖魔神アークはリーダーとしての使い道はほとんどなさそうです。

 

リーダースキル

神羅聖魔神アークのリーダースキルは、「バランスタイプのHPが1.5倍、攻撃力は2.5倍」という効果。

倍率が低いというのは、銀卵キャラクターだけ有ってしょうがないことだとは思いますが、対象モンスターがかなり望ましくないです。

闇属性のバランスタイプはとにかく少ないため、パーティーを組むのもままなりません。

神羅聖魔神アークがリーダーととして活躍することは、ほとんどないと言ってよいでしょう。

サブとしての使い道に期待です!

スポンサーリンク

アークのサブとしての使い道

神羅聖魔神アークはサブとしてはなかなか優秀なモンスター。

パズドラ初心者〜上級者の方まで、サブとしての使い道はありそうです!

 

スキルの使い道

神羅聖魔神アークのスキルは、

  • 敵全体に攻撃力×50倍の闇属性攻撃
  • 2ターンの間、闇と木属性の攻撃力が2倍

上記2つの効果があります。

敵全体へのダメージ量は、約62,000程度。単体攻撃ではなく、敵全体にダメージを与えるというところはなかなか好評ですが、注目すべきはこちらではありません。

エンハンス効果は2ターン持続し、倍率も2倍となかなか。

2属性をフォローすることもできるのでエンハンス要員としての活躍に期待できます!

 

ステータスや覚醒スキル

 

神羅聖魔神アークのステータスを見てみると、全体的にかなり低め。

スキルを強力にした分、ステータスにしわ寄せがきているのでしょうか。

しかし、覚醒スキルに目をやると、

 

闇ダメージ軽減を4個も所持しています!!

神羅聖魔神アークをパーティーにいれるだけで、闇属性の攻撃を20%軽減できることを考えるとかなり心強いです。

パズドラでは闇属性の強敵が多い(気がする)ので、ダメージ軽減約として活躍してくれそうですね。

20%軽減はかなり良い!!

他にも、封印耐性・スキルブーストと補助的なスキルも所持しているため、多くのダンジョンでスーパーサブとなってくれそうです。

 

オススメパーティー

神羅聖魔神アークの魅力は、強力なスキルと覚醒スキル。

覚醒スキルが活躍するのは、ダンジョンによりけり。ということで、神羅聖魔神アークのスキルと相性が良いパーティーを考えます。

真っ先に思いつくのが・・・

 

ズオーパーティーでのサブとしての使い道!

ズオーは闇と木ドロップを消すことによって、倍率を出すリーダーです。

神羅聖魔神アークのエンハンス対象とぴったりマッチするため、相性が良い以外の言葉が出てきません!エンハンススキルが必要であれば、神羅聖魔神アークの出番ですね。

他にも・・・

ゴエティアパーティー
ドゥルガーパーティー
ネフティスパーティー

上記のなどの、闇と木ドロップを消すことによって倍率が発生するパーティー、多色パーティーでサブとして使い道があります。

また、大きい範囲であれば闇属性のパーティーであれば入れてOK。さらには木属性のパーティーにだって入れることができちゃいます。

サブとしての使い道はかなり広いですね!

 

アークの評価

アークのリーダーとしての評価サブとしての評価を、

S・A・B・C・D

上記5段階で、それぞれ格付けしてみたいと思います。

個人的な意見が強く反映されていますが、ご了承ください

 

リーダーとしての評価

Dランク評価

神羅聖魔神アークのリーダーとしての評価は、Dランク評価。

リーダーとしては最低評価をつけさせていただいたわけですが、バランスタイプ縛りはきつすぎます。

サブとして優秀なだけに、リーダーとしての使い道にしわ寄せが・・・(さっき同じようなことを言った気が)

 

サブとしての評価

B+ランク評価

神羅聖魔神アークのサブとしての評価は、B+ランク評価!

サブとしての評価はかなり高め。スキル、覚醒スキルの優秀さで高評価を獲得してくれました。

汎用性が高く、闇属性が多く出現するダンジョンではかなりの活躍を見せてくれそう。

そして、しっかりスキルも使えるもののため、銀卵の中ではかなり使える部類と言ってよいでしょう。

 

まとめ

以上、神羅聖魔神アークの評価や使い道の紹介でした!

パズドラの神羅万象チョココラボガチャの銀卵キャラクターの中では、文句無しの大当たり。

かなりの性能を持ち合わせているだけに・・・ステータスが低いところが悔やまれます。

ダンジョンによっては、「アークがいたからクリアできた」ということもあり得るくらいのポテンシャルを持っていると思いますので、入手した際にはじっくりと育ててあげたいですね。

スポンサーリンク

魔法石を無料でコツコツ集めませんか?

課金はあまりしたくない・・・けどあのモンスターはどうしても手に入れたい・・・。

本当に欲しいモンスターがでたときに後悔しないために、今のうちから魔法石をコツコツと無料で集めていきませんか?

通勤時間や休み時間の1日5分でできる魔法石をコツコツと集めていく方法を紹介。

スポンサーリンク

ピックアップ

「かわいいモンスターラインキング」
パズドラの絵師一覧とイラストランキングベスト5を紹介!

11月28日〜12月11日の予定表
11/28(月) 11/29(火) 12/30(水) 12/1(木) 12/2(金) 12/3(土) 12/4(日)
FFコラボ
ランキングダンジョン:FFコラボ杯
 ラス降臨  
 
12/5(月) 12/6(火) 12/7(水) 12/8(木) 12/9(金) 12/10(土) 12/11(日)
 
 
 
ブリーチコラボ

おすすめ記事一覧

コメントについて

いつもたくさんのコメントありがとうございます!

コメントは情報提供や情報交換の場になったりしてくれればと思っています。

なにかあればどんどん書き込んじゃってください。

コメントが反映されるまでに多少時間がかかってしまいますので、コメントした方は少々お待ちください。

コメント一覧

  1. 通行人 より:

    これキン◯マだよーって言っても信用されるレベルに強くないか?w
    まあ無課金には関係ないイベントだけど
    でも欲しいですねぇw

    ダルシ作りましたよー
    神キラーって覚醒スキルはソロでも発動されるんですよね?
    マルチでしか意味ないなら
    たまどら無駄にしたかも
    そこら辺わからないです

    • 管理人 より:

      金卵だったらそれはそれで一悶着ありそうですけどね(^^;)
      ゲームのパワーバランスって難しですね・・・。

      ダルシはソロでもしっかり発動しますよ!自分も始め勘違いしてました。
      マルチで発動するのはマルチブーストでけみたいです!

      • 通行人 より:

        教えて頂きありがとうございます!
        そうなんですね、マルチではマルチブースト、他は普通なんですね
        そして普通にダルシ強かったですw
        真無限回廊で試すかなって入ったらクリアしてしまいましたw
        列一本で一体30万超えダメージは驚きです
        297作ろw
        NAOTO さんは管理人さんなのかな?
        教えて頂きありがとうございました!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ