まとめ&速報記事

魔法石を大量に溜める方法

課金せずに魔法石を大量に集める秘密

新モンスター一覧

新モンスター一覧(リーダー&サブでの評価つき)


属性別モンスター一覧&リーダーランキング
火属性 水属性 木属性
光属性 闇属性

【パズドラ】エルメ降臨のボス3体の性能紹介

 

この記事ではエルメ降臨に登場するボスモンスターの、「エルメ=ド」、「エルメ=ラ」、「エルメ=ク」の性能について紹介します。

新たな降臨ダンジョンとして「エルメ降臨【ドラゴン強化】」が登場しました。

難易度は超絶地獄・絶地獄の2種類あり、ボスは3体の中からランダムで1体出るという少し特殊な降臨です。

最高難易度が超絶地獄級の降臨モンスターというだけあって、3体ともなかなか使いどころのある性能を持っています。

水パメインの方にとっては嬉しいモンスター達ではないでしょうか。

ここではエルメについての概要を見た上で、3体の性能を見ていきます。





エルメについて

エルメ降臨で登場するボスのエルメは3種類おり、ボス戦ではその中からランダムで1体出現します。

ここで注意してほしいのは、ドロップする進化前エルメは1種類のみでそこから究極進化が3通りあるというわけではなく、進化前の時点で3種類いるという点です

このため、狙ったエルメを手に入れるためにはある程度の周回が必要となります。

乱暴に言えば、グリモワール降臨と似たような形式です。

ちなみに3体とも究極進化に必要な素材は以下のように共通しています。

グランリバースを用意するのが一番大変ですが頑張りましょう。

また、性能面での共通点・相違点は以下のようになっています。

共通点
・属性(水/闇)
・タイプ(ドラゴン/悪魔)
・ステータス(HP4038/攻撃1873/回復83)
・LS、スキルの一部
相違点
・一部LS、覚醒
エルメ=ド→ドロップ強化型
エルメ=ラ→列型
エルメ=ク→2way型
・スキル
エルメ=ド→水5個生成+1ターンドラゴンエンハンス2倍
エルメ=ラ→最上段横一列水変換+1ターンドラゴンエンハンス2倍
エルメ=ク→左端縦一列水変換+1ターンドラゴンエンハンス2倍

まず共通点としては、属性・タイプ・ステータスが全員同じであることが挙げられます。

この部分に違いは一切ありません。

また、LS(ドラゴンのHP攻撃1.5倍)とスキル(ドラゴンエンハンス)の一部も全員共通しています。

続いて相違点としては、LSとスキルの一部・覚醒がそれぞれ異なっていることが挙げられます。

簡単にまとめると、

エルメ=ドはドロップ強化寄りの5個消しリーダー

エルメ=ラは列寄りの列リーダー

エルメ=クは2way寄りの水複数消しリーダー

というように差別化されており、リーダーとしてもサブとしても使い道は別々です。

なお、エルメは3体ともそれぞれ異なった性能ではありますが、パッと見ではどれがどれだか分からないかと思います。アイコンだと尚更です。

よく見ると髪や帽子の色が違うということが分かりますが、一番分かりやすい違いはやはり目でしょうか。

黄の目⇒エルメ=ド(ドロップ強化型)

赤の目⇒エルメ=ラ(列型)

緑の目⇒エルメ=ク(2way型)

というように区別できます。なかなか分かりづらいですが、頑張って覚えましょう。

エルメの性能

耀眼の骸龍契約士・エルメ=ド

ドロップ強化型のエルメです。

リーダーとしては他のエルメと比べるとやや強めで、リーダー向きと言えます。

とは言え、現環境で通用するほどの火力は持ち合わせていないため、使う場合は注意が必要です。

サブとしては、ドロップ強化複数持ちなので、特定の消し方をせずとも編成するだけで火力要員として仕事してくれます。

スミレパーティーや、モンハンコラボのアマツマガツチパーティーと相性がいいです。

 

烈眼の骸龍契約士・エルメ=ラ

列型のエルメです。

エルメ=ラのみスキルマが11と1ターン重くなっています。

LFエルメ=ラにすればHP2.25倍、攻撃20.25倍を出すことができますが、リーダーとしてはどうしても火力不足な部分が目立ちます。

スキルと覚醒は優秀なので、基本的にサブでの起用が主な使い道となるでしょう。

サブが揃っていない場合、覚醒とスキルを生かしてメリディオナリスパーティーで使っていけます。

静眼の骸龍契約士・エルメ=ク

2way型のエルメです。

こちらもエルメ=ラと同様、リーダーとしてではなくサブでの使用がメインとなります。

エルメ=クはドロップモンスターとしては初の2way3個持ちです。

プラスを振れば攻撃が2368になるので、4個消しした時の火力が非常に高く、火力要員として使っていけます。

パーティーによってはエンハンスが生かしづらくなることもあるかもしれませんが、2way主体のパーティーに幅広く編成可能です。

サブとしては、覚醒アンドロメダパーティーや、エルメ=ドと同様アマツマガツチパーティーと相性がいいでしょう。



まとめ

以上、エルメについてざっくりと解説しました。

超絶地獄の降臨モンスターというだけあって、その性能はいずれも高めです。

特にエルメ=クは普段水パを使わない方でも作っておいて損はないかと思います。

もし余裕があれば、3種類全て作っておきたいところですね。

といったところで以上、エルメについての紹介を終わります。

あなたにオススメのコンテンツ

魔法石を無料でコツコツ集めませんか?

課金はあまりしたくない・・・けどあのモンスターはどうしても手に入れたい・・・。


本当に欲しいモンスターがでたときに後悔しないために、今のうちから魔法石をコツコツと無料で集めていきませんか?


通勤時間や休み時間の1日5分でできる魔法石をコツコツと集めていく方法を紹介。


ピックアップ

「かわいいモンスターラインキング」
パズドラの絵師一覧とイラストランキングベスト5を紹介!

おすすめ記事一覧

コメントについて

いつもたくさんのコメントありがとうございます!

コメントは情報提供や情報交換の場になったりしてくれればと思っています。

なにかあればどんどん書き込んじゃってください。

コメントが反映されるまでに多少時間がかかってしまいますので、コメントした方は少々お待ちください。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ