まとめ&速報記事

魔法石を大量に溜める方法

課金せずに魔法石を大量に集める秘密
属性別モンスター一覧&リーダーランキング
火属性 水属性 木属性
光属性 闇属性
現在開催中のイベント

開催期間:11月21(月)〜12月4日(日)
FFコラボガチャの当たりキャラや評価一覧を紹介


開催期間:11月21(月)〜12月4日(日)
グラウカのテンプレや評価と買うべきかの紹介


開催期間:11月28(月)〜12月4日(日)
FFコラボ杯の高得点取得の立ち回りとボーダー紹介

【パズドラ】カンナの究極分岐はどっちが強いかとおすすめ進化先

 

この記事では、カンナの究極分岐による違いや、おすすめ進化先を紹介します。

カンナには究極進化先が2パターン用意されていて、なんと主属性が異なります。

究極進化することによって副属性が変わるのが通常パターンですが、主属性が変わるのはなんとも珍しい・・・

もちろん使い道は異なってきますが、どっちの方が強いのか?というのは気になる部分です。

それぞれの違いを比較して、どっちの究極分岐にするか一緒に悩んでいきましょう!

スポンサーリンク

究極分岐と覚醒究極進化

 

カンナは合成させる進化素材によって、”光究極””闇究極”が用意されています。

大きな違いは主属性ですが、その他もろもろも違いがあります。

簡単に表にまとめると・・・

光究極カンナ 闇究極カンナ
リーダースキル 変更なし 強化
スキル 変更なし 変更なし
ステータス 強化 強化
覚醒スキル +バインド耐性×2、スキルブースト +操作時間延長
タイプ 変化なし 攻撃タイプ追加

それぞれ強化部分が変わるため、使うパーティーだけでなく、どのように使うかという部分も変わってきそうですね。

ざっくりと使い道をあげると

光究極カンナ⇒サブ向きのモンスター

闇究極カンナ⇒リーダー向きのモンスター

 

になります。

光をメインで育てている、闇をメインで育てている、という事情があるのであれば、その属性に合わせて進化先を決めるのが一番。

ですが、総合的に見るとどっちの方が強いんでしょうか?

それぞれの違いを比較しつつ、どっちの究極分岐に進化させるべきかを考えていきたいと思います。

 

リーダースキルの違い

究極進化の分岐 リーダースキル
ドラゴンと神タイプのHPが1.5倍、攻撃力は3.5倍。
ドラゴンと神タイプのHPが1.5倍、攻撃力は3.5倍。5コンボ以上で攻撃力と回復力が1.5倍。

カンナの究極分岐でのリーダースキルの違いを見てみると、闇究極カンナの方が圧倒的に優秀です!

闇究極カンナは、タイプ制限・条件付ではありますが、すべてのステータスに倍率がかかります。

攻撃倍率はとびきり高いというわけではないですが、十分に強力なパーティーを組むことが可能!編成によっては、高難易度ダンジョンの攻略も夢ではありません!!

比べて、

光究極カンナは、進化前からリーダースキルが変わらず。

かかるのはHP倍率だけで、攻撃倍率も高くありません。全く使えないわけではないものの、リーダーとしての優先順位は低いですね。

 

スキルの違い

究極進化の分岐 スキル
1ターンの間、神とドラゴンタイプの攻撃力が2倍。自分以外の味方スキルが1ターン溜まる。
1ターンの間、神とドラゴンタイプの攻撃力が2倍。自分以外の味方スキルが1ターン溜まる。

カンナの究極分岐でのスキルを見てみると、どちらも進化前から変わらず。

対象となる範囲が広い強力なエンハンススキルです。

ここぞという時に活躍する、パーティーの切り札となってくれることでしょう。

スポンサーリンク

ステータスの違い

究極進化の分岐 HP 攻撃力 回復力
3,878 1,660 403
3,378 2,010 353

カンナの究極分岐でのステータスの違いを見てみると、どちらも高い数値に落ち着いています。

ですが、それぞれ高い部分は異なり

光究極カンナ
⇒HPと回復力が高い

闇究極カンナ
⇒攻撃力が高い

と特徴に違いが。

ステータス部分はどっちに進化させるかの判断材料としては少々弱いですが、特徴の違いくらいは頭に入れておいても良いかもしれませんね。

 

覚醒スキルの違い

究極進化の分岐 覚醒スキル

カンナの究極分岐での覚醒スキルを見てみると、どっちも非常に優秀なラインナップを誇ります。

それぞれ究極進化前と比べて、

光究極カンナ
⇒バインド耐性×2、2way

闇究極カンナ
⇒操作時間延長

が追加されています。

やはり目を見張るのは、究極光カンナが2way×4個持ちになったところでしょう。加えて「完全バインド耐性」という長所も手に入れ、より洗練された覚醒スキルにパワーアップ。

闇究極カンナも非常に優秀な覚醒スキルなのは間違いないですが、光究極カンナには覚醒スキルは一歩及ばず、という感じですね。

覚醒スキルのラインナップはサブ性能に大きく影響する部分なので、サブとしての評価は光究極カンナの方が高いと言えます。

 

タイプの違い

究極進化の分岐 タイプ

カンナの究極分岐でのタイプの違いを見てみると、光究極カンナは進化前から据え置きですが、闇究極カンナは攻撃タイプが追加されています。

しかし、あまりこちらもどっちに進化させるのが良いかの判断材料としては結構弱い部分です。

タイプが多ければ、リーダースキルの「◯◯タイプ限定」での使い道が広がるわけですが、そもそもカンナのスキルはタイプエンハンス。

神・ドラゴンタイプ縛りのパーティーで使うことがあっても、攻撃タイプ縛りのパーティーで使うことはほとんどありません。

所持タイプに関してはあまり気にしなくても良いかと思います。

 

どれに進化させるのがおすすめ?

ということで、それぞれの究極カンナの性能を見ていきました。

ざっくりとまとめると

リーダー向きなのは闇究極カンナ。

サブ向きなのは光究極カンナ。

 

というような使い分けができることを踏まえて、おすすめの進化先は・・・

 

闇究極カンナに進化させるのがおすすめ!

闇究極カンナは、リーダーとして優秀な性能を持ちつつ、サブとしても使うことができます。
(サブで活躍できる場面はちょっと狭まりますが・・・)

手持ちに闇属性の優秀なリーダーがいない場合は、積極的に闇究極させ、優秀なリーダーモンスターを確保しておきましょう。

 

しかし!!!

優秀なリーダーが勢ぞろいの光属性。光究極カンナをサブとして使える環境が整っているのであれば、光究極させて光属性パーティーを強化した方が良いです。

サブとしての就職先は、光究極カンナの方が圧倒的に多く、活躍度も測りしれません。

ミル・ラードラゴン・光シェリアス

これらのパーティーを組めているのであれば、光究極カンナに進化させるのがおすすめ。

 

要は、手持ちや状況に応じて、進化先を変えるのが一番良い選択肢ではないかと思います。

主属性が変わるため、使い道は大きく異なりますが、より強化したい属性に合わせて究極進化先をチョイスしてみてくださいね!

 

まとめ

以上、カンナの究極分岐の違いや、どっちに進化させるのがおすすめかの紹介でした。

ゴッドフェス限定の星6モンスター。複数持っていれば、両方の究極カンナを手に入れることもできますが、なかなか簡単に引けるモンスターではありません。

しっかりと使い道を吟味した上で、究極進化先を決めてください。

とはいえ、後々究極進化先を変えることは可能です。

 

使ってみたらなんか違った・・・
使い道を変える必要が出てきた・・・

という場合は、上記の手順で【退化】⇒【究極進化】と進化先を変えることが可能です。

ひとまずは、目先のことを考えて究極先を決めてしまって良いと思います。悩んで進化させるのをためらっているのはもったいないので、どんどん進化させていきましょう!

テンプレ候補モンスター 光究極カンナ
究極光カンナのテンプレや評価とサブの使い道を紹介
テンプレ候補モンスター 闇究極カンナ
究極闇カンナのテンプレと評価やサブの使い道を紹介

スポンサーリンク

魔法石を無料でコツコツ集めませんか?

課金はあまりしたくない・・・けどあのモンスターはどうしても手に入れたい・・・。

本当に欲しいモンスターがでたときに後悔しないために、今のうちから魔法石をコツコツと無料で集めていきませんか?

通勤時間や休み時間の1日5分でできる魔法石をコツコツと集めていく方法を紹介。

スポンサーリンク

ピックアップ

「かわいいモンスターラインキング」
パズドラの絵師一覧とイラストランキングベスト5を紹介!

11月7日〜11月20日の予定表
11月7日〜11月20日の予定表
11/28(月) 11/29(火) 12/30(水) 12/1(木) 12/2(金) 12/3(土) 12/4(日)
FFコラボ
ランキングダンジョン:FFコラボ杯
 ラス降臨  
12/5(月) 12/6(火) 12/7(水) 12/8(木) 12/9(金) 12/10(土) 12/11(日)
 
 
 

おすすめ記事一覧

コメントについて

いつもたくさんのコメントありがとうございます!

コメントは情報提供や情報交換の場になったりしてくれればと思っています。

なにかあればどんどん書き込んじゃってください。

コメントが反映されるまでに多少時間がかかってしまいますので、コメントした方は少々お待ちください。

コメント一覧

  1. 通行人 より:

    比較表、覚醒が反対になってますよ。その後のは正しいですけど…

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ