まとめ&速報記事

魔法石を大量に溜める方法

課金せずに魔法石を大量に集める秘密

新モンスター一覧

新モンスター一覧(リーダー&サブでの評価つき)

属性別モンスター一覧&リーダーランキング
火属性 水属性 木属性
光属性 闇属性

【パズドラ】ソニアクレア(究極青ソニア)の評価・テンプレ・サブとしての使い道の紹介

 

この記事では、ソニアクレア(究極青ソニア)の評価・テンプレ・サブとしての使い道を紹介します。

ソニアシリーズでお馴染みの青ソニアに新たな進化形態が追加されました。

具体的な解説は後述しますが、かなり強化されて前線に戻ってきたという印象を受けます。

裏闘技場などの高難易度ダンジョンのクリア報告も続々上がっており、今後の活躍にも大いに期待が持てますね。

なお、ソニアクレアはスキルをはじめ全体的な性能が従来の青ソニアから大きく様変わりしていますが、公式サイト上での扱いを見るに、どうやら覚醒進化ではなく3つ目の究極進化のようです。

ただし、繰り返しになりますが進化させるとスキルが新しいものに変更されるので、その点は十分注意しましょう。

ということで、以下性能について見ていきます。





目次

ソニアクレアのステータス

 ドラゴンタイプ
HP 攻撃力 回復力
レベル最大 7080 1959 0
+99 8070 2454 297
スキル

継界護星陣・水闇:19(最短15)
バインド状態を3ターン回復。
ドロップのロック状態を解除。
全ドロップを水と闇ドロップに変化。

リーダースキル

晶龍族の加護
ドラゴンタイプの全パラメータが1.5倍。
ドロップ操作を2秒延長。
水闇の同時攻撃でダメージを軽減、攻撃力が5倍。

覚醒スキル

 バインド耐性

 バインド耐性

 封印耐性

 スキルブースト

 スキルブースト

 7コンボ強化

 7コンボ強化

 L字消し攻撃

 L字消し攻撃

ソニアクレアの基本性能について

体力タイプがなくなったものの、HPが素で7000越えとその名残はしっかり残っています。

回復0も相変わらずといった感じです。

覚醒は、火力覚醒と汎用覚醒のバランスがしっかりとれた内容です。

L字消し攻撃は取り扱いにやや癖がありますが、コンボ強化と絡められれば高火力が期待できるでしょう。

ソニアクレアのリーダーとしての使い道

ソニアクレアは攻略リーダーとして高い適性を持っています。

環境上位のパーティーと比べても安定感が非常に高く、初見の高難易度ダンジョンにも臆せず使っていけるでしょう。

リーダースキル

ソニアクレアのリーダースキルは

  • ドラゴンタイプの全パラメータが1.5倍。
  • ドロップ操作を2秒延長。
  • 水闇の同時攻撃でダメージを軽減、攻撃力が5倍。

上記の効果があります。

かなりの安定志向型のリーダーです。

攻撃倍率は最大でも7.5倍といたって普通ですが、1.5倍の全パラ補正2秒の操作延長、そして水闇消しで軽減付与非常に強固な耐久力を有しています。

ちょっとやそっとの攻撃では沈まず、自身のスキルのおかげで大抵の妨害には対応可能とほとんど隙らしい隙が見当たりません。

強いて言えばドラゴン縛りがあるというのがやや辛い部分ではありますが、その欠点を考慮してもなお強力なリーダーと言えるでしょう。

テンプレの考察

ソニアクレアパーティーのテンプレを考察します。

全パラ補正を生かしてこそのリーダーなのでドラゴン染めは必須です。

また、素の倍率の低さをカバーするためにも攻撃性能に優れたモンスターを最優先で編成しましょう。

なお、L字消し攻撃は持っているに越したことはありませんが、メインの火力ソースはあくまでコンボ強化なのでそれほど優先する必要はありません。

以上を踏まえ、テンプレを考察していきます。

ソニアクレアパのテンプレ

モンスター名 スキル
ソニアクレア バインド3ターン回復+ロック解除+陣(水・闇)
覚醒アンドロメダ 火⇒水、光⇒回復、お邪魔・毒⇒木
・ジュリ 1ターン敵防御0+1ターンダメージ半減
水コットン 1ターン落ちコンしなくなる+木⇒水、火⇒回復
水ネイ 最大HP25%分回復+バインド2ターン回復+陣(水・闇・回復)
ソニアクレア バインド3ターン回復+ロック解除+陣(水・闇)

 

ソニアクレアパのテンプレを考察しました。

コンボ強化重視の編成です。

経戦火力が高く、よほど堅い敵が出ない限り比較的スピーディーに突破していけます。

ジュリはコンボ強化こそ持っていませんが、いざという時のダメージカット要員+汎用性の高いトリプルキラー持ちである点を評価し編成しました。

というようにできるだけ火力寄りにしたつもりですが、この編成だと元の倍率が低い関係上瞬間火力を出すのが苦手です。

場合によっては高倍率のエンハンス要員を用意しましょう。

テンプレ入れ替え候補

ソニアクレアパのテンプレ入れ替え候補を紹介します。

分岐青ソニア
陣要員としてのテンプレ候補。
闇リューネ
陣要員としてのテンプレ候補。
水ウルカ
ダメージ吸収無効要員としてのテンプレ候補。
転生カリン
陣要員としてのテンプレ候補。
覚醒サラスヴァティ
変換・目覚め要員としてのテンプレ候補。
アマツマガツチ
ベース・根性対策要員としてのテンプレ候補。
転生オロチ
威嚇要員としてのテンプレ候補。
タマミツネ
サポート要員としてのテンプレ候補。
メルクリア
エンハンス要員としてのテンプレ候補。

 

無課金で入手できるテンプレ入れ替え候補

ソニアクレアパの無課金で入手できるテンプレ入れ替え候補を紹介します。

クトゥルフ
変換要員としてのテンプレ候補。
エルメ=ド
エンハンス要員としてのテンプレ候補。
エルメ=ク
陣要員としてのテンプレ候補。

 

ソニアクレアのサブとしての使い道

リーダーとしてのみならず、ソニアクレアはサブとしても高い性能を持っています

火力要員・ロック解除・バインド回復・陣とこなせる役割が多く、多彩な活躍が可能です。

ソニアクレアのスキル

  • バインド状態を3ターン回復。
  • ドロップのロック状態を解除。
  • 全ドロップを水と闇ドロップに変化。

スキルは上記の効果があります。

元の2色陣はそのままにバインド回復とロック解除の2つの効果が追加されました。

バインド回復はもちろんのこと、盤面状況にかかわらず確実に2色陣に持っていけるというのはポイントが高く、リフレッシュ力の高さも相まって積極的に回していきたいところ。

スキルマでも15ターンと少し重いですが、水闇の2色陣と闇にも対応しているため、闇コンボパのアシストとしても選択肢に入ります。

というように素で使っても良し、アシストでも良しと総じて強力なスキルと言えるでしょう。

オススメパーティー

水パ・コンボパでの起用がメインとなります。

中でもおすすめなのは、

[洞観龍契士・ディステル]
継界龍降・レイゲン】[7コンボ以上でダメージ軽減、攻撃力が4倍。水を5個以上つなげて消すと攻撃力が3倍。]

ディステルパーティーです。

コンボ強化だけでなく、ディステルがL字消し攻撃を持っている関係上、他のパーティーだと持て余し気味なL字消し攻撃も十分に生かすことができます。

サブとして使い道があるパーティー
ムート
水十字+闇列パーティー。
ミツネ装備パ
マルチ前提のコンボパーティー。
水ネイパ
指定2色パーティー。



ソニアクレアの評価

ソニアクレアのリーダーとしての評価、サブとしての評価をS・A・B・C・Dで格付けします。

※個人的な意見が強く反映されていますがご了承ください

リーダーとしての評価

S-ランク評価

ソニアクレアのリーダーとしての評価はS-ランク。

極めて高い耐久力と安定性を誇るリーダーです。

編成難易度が高いものの、環境上位に余裕で食い込んでいける強さを持っています。

現状水パ筆頭のリーダーと言っていいでしょう。

サブとしての評価

S-ランク評価

ソニアクレアのサブとしての評価はS-ランク。

従来の青ソニア以上にこなせる役割が増え、スキルも依然強力なため大抵の水パには難なく編成できます。

ただし操作延長を1つも持っていないので、コンボパに組み込む場合は要注意。

まとめ

以上、ソニアクレアの評価・テンプレ・サブとしての使い道を紹介しました。

リーダー・サブともに強力な性能を持つモンスターです。

スキルの上げ直しが必要になりますが、かなりのアッパー調整が施されているため、特別な理由がない限りこちらのソニアに進化させても問題ないでしょう。

あなたにオススメのコンテンツ

魔法石を無料でコツコツ集めませんか?

課金はあまりしたくない・・・けどあのモンスターはどうしても手に入れたい・・・。


本当に欲しいモンスターがでたときに後悔しないために、今のうちから魔法石をコツコツと無料で集めていきませんか?


通勤時間や休み時間の1日5分でできる魔法石をコツコツと集めていく方法を紹介。


ピックアップ

「かわいいモンスターラインキング」
パズドラの絵師一覧とイラストランキングベスト5を紹介!

おすすめ記事一覧

コメントについて

いつもたくさんのコメントありがとうございます!

コメントは情報提供や情報交換の場になったりしてくれればと思っています。

なにかあればどんどん書き込んじゃってください。

コメントが反映されるまでに多少時間がかかってしまいますので、コメントした方は少々お待ちください。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ