まとめ&速報記事

魔法石を大量に溜める方法

課金せずに魔法石を大量に集める秘密

新モンスター一覧

新モンスター一覧(リーダー&サブでの評価つき)


属性別モンスター一覧&リーダーランキング
火属性 水属性 木属性
光属性 闇属性

【パズドラ】究極ゴエティアのテンプレや評価とサブとしての使い道を紹介

 

この記事では、「究極ゴエティア」のテンプレパーティーや評価とサブとしての使い道について紹介します。

2年以上前にガチャ限として実装されたゴエティアが今回究極進化しました。同期にはアルス=ノウァがいます。

リーダースキルが大幅に強化され、常時49倍の火力が出せるようになり、周回リーダーとして使える性能になりました。

考察と評価に入る前に、魔道書シリーズの簡単な解説をしてみました。
是非そちらも見ていただけると幸いです。





目次

 

魔道書シリーズについて

魔道書は2年以上前に実装されたシリーズなので、この機会におさらいしてみましょう。

魔道書シリーズは、2014年12月に実装されたシリーズです。

左から順にテウルギア、アルス=パウリナ、アルマデル、アルス=ノウァ、ゴエティアの5キャラで構成されています。

と言っても、テウルギアからアルマデルまでの左3キャラは降臨モンスターで、右2キャラはガチャ限なので厳密には5体を1シリーズとしてカウントするのは間違っているかもしれません。が、この方が分かりやすいので、今回はこのようにカテゴライズしてみました。

いずれもドロップ強化主体のモンスターで、スキルも主属性のドロップを生成・強化するという共通のものです。生成と強化を同時に行えるモンスターはこれが初だったので、印象に残っている人もいるのではないでしょうか。

そんな魔道書シリーズですが、意外にも目にする機会は少なくありません。

火・水・木の3キャラは季節ガチャで登場したり、パズドラ公式が独自に展開しているストーリーに5人全員が登場したりするなどしてそこそこ出張っています。このことから人気は決して低くないことがうかがえます。

またどこかで登場するかもしれないので、今後の魔道書シリーズの動きにも注目です。

 

究極ゴエティアのステータス

体力タイプ
悪魔タイプ
HP 攻撃力 回復力
レベル最大 4008 1462 120
+99 4998 1957 417
スキル

サモンダーク:11(最短6)
ランダムで闇ドロップを5個生成。闇ドロップを強化。

リーダースキル

魔導の鍵呪文・闇木
闇属性の攻撃力が3.5倍、木属性の攻撃力が2倍。
両方の属性を持つ場合、攻撃力が7倍。

覚醒スキル

 闇ドロップ強化

 闇ドロップ強化

 スキルブースト

 木ドロップ強化

 木ドロップ強化

 闇ドロップ強化

 闇ドロップ強化

 封印耐性

究極ゴエティアの基本性能について

ステータスを見ると、高HP・低回復力といかにも体力タイプらしい感じに仕上がっています。

ステータスはプラスを振ればなかなかの水準になります。
HPがあと+2あれば5000だったのですが・・・

覚醒はドロップ強化満載です。
闇・木属性のドロップ強化モンスターとして使えます。

また、今回の究極で新たに封印が追加されました。
周回ではLFゴエティアで組むことが多くなるため、封印がついたのは大きいです。

究極ゴエティアのリーダーとしての使い道

究極ゴエティアは育成が容易な上に使いやすく、初心者の方でも中盤までは攻略リーダーとして使えます。

中盤以降は攻略リーダーとしては通用しなくなってくるので、それ以降は周回リーダーとして使っていきましょう。

リーダースキル

究極ゴエティアのリーダースキルは

  • 闇属性の攻撃力が3.5倍、木属性の攻撃力が2倍。
  • 両方の属性を持つ場合、攻撃力が7倍

上記の効果があります。

これにより、闇・木両方の属性を持つモンスターは常に7倍です。

LFゴエティアにすれば、バインドされた場合を除き常時49倍の倍率がかかります。
お手軽に強いリーダースキルです。

ただし、このような火力特化型のリーダーの宿命として、HP回復などに補正が一切かからないため耐久力がありません。

倒される前に倒すタイプのリーダーであることをしっかりと理解しておきましょう。

 

テンプレの考察

それでは、究極ゴエティアのテンプレを考察していきましょう。

闇・木のモンスターはそもそも数が少ないです。一方、木・闇には優秀なモンスターが多数いるため、木・闇のモンスターもサブ候補に入ります。したがって、パーティーには木・闇のモンスターが入ることが多いです。

また、ゴエティアパは耐久性能が低いので火力で押し切っていくスタイルでの運用となります。そのためテンプレはそのスタイルを反映したものにしました。

究極ゴエティアパのテンプレ

モンスター名 スキル
究極ゴエティア 闇5個生成+闇ドロップ強化
ズオー 陣(火・木・闇)
木ペルセポネ 光・回復⇒闇
・緑ソニア 陣(木・闇)
闇石田 陣(木・闇・回復)
究極ゴエティア 闇5個生成+闇ドロップ強化

究極ゴエティアのテンプレを考察しました。

2wayと列の複合型なので、陣が偏った場合でも柔軟に対応することが可能です。

この編成だと長期戦がかなり苦手なので、スキルをバンバン使って素早く突破していくことになります。

テンプレ入れ替え候補

究極ゴエティアパのテンプレ入れ替え候補を紹介します。

ロミア
陣要員としてのテンプレ候補。ズオーと同じスキルを持っています。操作延長4個持ちなので、パズルに余裕が欲しい時におすすめ。
転生アスタロト
変換要員としてのテンプレ候補。回復を消さずに毒・お邪魔を木に変換するので妨害に強く、回復をしつつ攻撃したい時には何かと便利です。
柏崎念至
変換・バインド回復要員としてのテンプレ候補。闇・木モンスターとしては貴重なバインド回復スキル持ちです。変換も優秀なので、手持ちが少ない場合は積極的に使っていけます。
転生メイメイ
陣要員としてのテンプレ候補。全体的に高性能なモンスターです。ペルセポネと組み合わせると木・闇の2色陣にできます。
ハマル
変換要員としてのテンプレ候補。変換+ヘイストで便利なスキルです。毒・光・回復⇒闇変換なので、メイメイや石田などの陣と相性がいいです。
エリーゼ
変換要員としてのテンプレ候補。列寄り、2way寄りいずれにも採用できます。スキルが軽いのでベースモンスターとしてもおすすめ。
覚醒フレイヤ
エンハンス要員としてのテンプレ候補。木・闇の2属性エンハンスがゴエティアパに非常に噛み合っています。ヘイストもついているのはありがたいです。
覚醒オオクニヌシ
エンハンス・威嚇要員としてのテンプレ候補。2ターン威嚇+2ターン闇1.5倍エンハンスのスキルを持っています。闇染めもしくは威嚇が欲しい時におすすめ。
ハロウィンアルラウネ
バインド回復要員としてのテンプレ候補。スキルにはヘイスト効果もあるので、他のスキルの回転率を上げることができます。

 

無課金で入手できるテンプレ入れ替え候補

究極ゴエティアパの無課金で入手できるテンプレ入れ替え候補を紹介します。

コシュまる
陣要員としてのテンプレ候補。ズオーの陣+30%ダメージ軽減のスキルを持っています。ドロップモンスターとしては優秀なスキルです。ズオー、ロミアの代用として採用できます。
サイクロンデビルドラゴン
変換要員としてのテンプレ候補。ゴエティアパでは邪魔になりやすい水ドロップを闇に変換できます。
アーミル
バインド回復要員としてのテンプレ候補。木と闇の列強化を一つずつ持っているので、他のバインド回復要員と違いパーティー全体の火力増強に貢献できます。

 

究極ゴエティアのサブとしての使い道

ゴエティアは闇ドロップ強化要員として役割が持てます。しかし、闇属性のドロップ強化モンスターはエスカマリを筆頭に優秀なモンスターが勢揃いしており、ゴエティアの採用は見送られがちです。

そのためサブとしての使い道は、残念ながらほとんどなさそう・・・。

ですが覚醒とスキルのドロップ強化は相性が良く、火力を底上げしたい時などにゴエティアをサブに入れるというのは十分アリな選択です。

もしかすると今後登場するリーダー次第では輝く可能性もあります。その時を待ちましょう。

究極ゴエティアのスキル

  • ランダムに闇ドロップを5個生成。
  • 闇ドロップを強化。

ゴエティアのスキルは上記の効果があります。

ドロップ供給と強化を同時に行うというシンプルながらも使い勝手の良いスキルです。

スキル上げも容易なので、初心者の方でも扱いやすいです。

オススメパーティー

闇属性・ドロップ強化モンスターとして就職先を考えた場合、ゴエティアは他の優秀なモンスターと比較するとどうしても見劣りしがちです。
しかし闇・木という括りで考えると、就職先はいくつかあります。

[ズオー]
奈落の渇望】[闇闇木(闇木木)の3コンボで攻撃力が3.5倍、闇闇木木の4コンボ以上で攻撃力が6倍。]

就職先となりうるパーティーのうち、最も噛み合うのはズオーパーティーです。

ズオーは木・闇同時消しがトリガーになるリーダースキルなので、属性的にも覚醒的にもゴエティアとは噛み合っています。

木ドロップ強化覚醒が無駄にならないのもいいですね。

サブとして使い道があるパーティー
ミストルテインパ
スタイチェンジを用いる特殊なリーダーです。LSの性質上、ミストルテインのサブは主属性木のモンスターが多くなりがちですが、一応噛み合っている部分もあるので採用の余地はあるかと思います。
転生アスタロトパ
噛み合っている部分があることにはあります。妥協枠として採用の余地があるかもしれません。

 





究極ゴエティアの評価

究極ゴエティアのリーダーとしての評価、サブとしての評価をS・A・B・C・Dで格付けします。

※個人的な意見が強く反映されていますがご了承ください

 

リーダーとしての評価

Bランク評価

究極ゴエティアのリーダーとしての評価はBランク。

序盤は攻略リーダー、中盤以降は周回リーダーとして運用できます。
強力なリーダーを使えるようになるまでの繋ぎ役としても優秀です。

闇は強いリーダーが多数いますが、(LFゴエティアで)常時49倍は倍率としては高い部類で使い勝手もいいです。

サブとしての評価

C-ランク評価

究極ゴエティアのサブとしての評価はC-ランク。

ゴエティアが特別弱いというわけではありませんが、闇属性のドロップ強化モンスターの層が厚いために採用されにくいです。

今後出てくる新リーダーに期待しましょう。

まとめ

以上、究極ゴエティアのテンプレパーティーや評価とサブの使い道についての紹介でした。

主にリーダーとしての使い道があるモンスターで、サブではなかなか使われることはありません。
なので、あくまでもリーダーとして使っていくことがメインであるということを念頭に置きましょう。

LFゴエティアで(サブを木闇の2属性で固めれば)常時49倍というのはリーダーとしては明確な強みです。
その強みを生かして周回リーダーとして使っていきましょう。

 

あなたにオススメのコンテンツ

魔法石を無料でコツコツ集めませんか?

課金はあまりしたくない・・・けどあのモンスターはどうしても手に入れたい・・・。


本当に欲しいモンスターがでたときに後悔しないために、今のうちから魔法石をコツコツと無料で集めていきませんか?


通勤時間や休み時間の1日5分でできる魔法石をコツコツと集めていく方法を紹介。


ピックアップ

「かわいいモンスターラインキング」
パズドラの絵師一覧とイラストランキングベスト5を紹介!

おすすめ記事一覧

コメントについて

いつもたくさんのコメントありがとうございます!

コメントは情報提供や情報交換の場になったりしてくれればと思っています。

なにかあればどんどん書き込んじゃってください。

コメントが反映されるまでに多少時間がかかってしまいますので、コメントした方は少々お待ちください。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ